2013/03/05  横浜弘明寺商店街でワンデーイベントを開催!  3月13日(水)
3月13日(水)にイベントを行います。
当日はは太陽光発電システムやエコキュートのサンプルを展示させて頂き、
太陽光発電やオール電化のメリットを説明させて頂きます。
太陽光発電ってどんなものなのか?実物を見て触って説明を聞いて
頂ければ漠然としていた太陽光発電の効果をより明確に理解して
いただけると思っております。

■開催日時 3月13日(水)  AM 10:00〜PM 06:00まで

見積り依頼をして頂いたお客様には、郵便にて”オリジナルクオカード500円”を
プレゼントさせて頂きます。(先着15名様)

アンケートにお応え頂いたお客には”ボックスティッシュ”をプレゼント!
(先着20名様)

お気軽にお越しください!

2013/02/08  国内PVメーカーのシェアは高水準を維持!
最近は海外製のモジュールが価格の安さで注目を集めていますが、実際の導入状況を見ると以前国内メーカーのシェアは高水準をたもっています。

2012年10月〜12月の集計によれば「住宅用」では86%が国内メーカーとなっています。

また「非住宅用」においても1MW未満は65%程度が国内メーカーとなっています。

ただ1MW以上においては国内メーカーのシェアは42%に減少しており、メガソーラにおいては海外メーカーの採用が増えているようです。
 

2013/01/22  <太陽光>買い取り価格引き下げへ「30円台後半に」
経済産業省は21日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、太陽光発電の買い取り価格を2013年度から1割前後引き下げる方針を明らかにしました。

買い取り価格を議論する経産省の有識者会議で、同省が方針を説明。
これに先立ち茂木敏充経産相が東京都内で講演し、「太陽光の設備価格は相当程度下がっている。今年度の1キロワット時当たり42円の買い取り価格は30円台後半にできるのではないか」と述べ、来年度からの引き下げ方針を明らかにしました。
同省によると、価格は37〜38円程度になる見通しで風力や地熱など太陽光以外の再生エネの買い取り価格は据え置く方針だそうです。
 

前へ   次へ